第9回アーベントムジーク

第9回アーベントムジーク画像2第9回アーベントムジーク画像

アーベントムジークという名は、17世紀にハンブルグでブクステフーデの主宰により開催された公開演奏会に由来しています。当団では、定期演奏会とは一味違う趣向のプログラムによる演奏会として不定期に開催しています。
2018(平成30)年6月10日(日)に開催する第9回アーベントムジークでは、藤井美雪さんのチェンバロ、野村聡さんのバロックヴァイオリンによるバッハ/ブランデンブルク協奏曲第5番ほかを演奏予定です。

詳しくはこちら

第22回定期演奏会

Edinburgh Castle in Scotland, vintage engravingEdinburgh Castle in Scotland, vintage engraving

例年9月に開催する秋の演奏会では、ベートーヴェンやモーツァルトなど古典派の他、メンデルスゾーンやベルリオーズなどポストベートーヴェンの初期ロマン派の作曲家を中心としたプログラムを演奏します。
2018(平成30)年9月16日(日)の第22回定期演奏会では、下田絵梨花さんをピアノ独奏にお迎えし、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番を取り上げるほか、メンデルスゾーンの名曲、交響曲第3番《スコットランド》「1842年ロンドン稿」、序曲《ヘブリディーズ諸島(フィンガルの洞窟)》「1830年ローマ稿」を演奏します。メンデルスゾーンの各稿は北海道初演となります。

詳しくはこちら

第23回定期演奏会

第23回定期2第23回定期3

例年3月に開催する春の定期演奏会では、J.S.バッハやモーツァルト等の宗教曲を軸として、北海道のアマチュア団体としては唯一、管弦楽と合唱を常時併設している団体として、管弦楽と合唱が一体となった演目を演奏しています。
2019(平成31)年2月11日(月祝)に開催する「第23回定期演奏会」では、ハイドンの交響曲第103番《太鼓連打》、バッハによる聖霊降臨節用カンタータ3曲「第172番」「第174番」「第34番」を演奏いたします。

詳しくはこちら